立ち上げ準備編 03 |同行援護事業の新規申請の立会審査について

同行援護事業を新規に申請するには、まず指定基準をクリアして申請書類を東京都に提出します。提出後に東京都の担当の方に立会いの下、事業所内で審査があります。

まずは設備基準の確認

申請書類と一緒に提出する、事業所内の間取り図、設備の有無について相違がないか確認をいたします。

必要書類の確認

同行援護事業を運営するにあたって必要な下記の書類に不備がないかを確認いたします。

  1. 重要事項説明書
  2. 契約書
  3. 契約書別紙
  4. サービス提供記録
  5. 介護給付等の受領のお知らせ
  6. 同行援護計画
  7. 秘密保持に関する誓約書(従業員との)
  8. 個人情報使用同意書

後は結果を待つばかり!

立会審査が終われば、後は結果通知書を待ちます。申請書を提出して翌月に立会審査があり、その翌月から同行援護事業の指定を受けられます。